有能すぎるコンシェルジュサービス

タワーマンションの共同設備の1つとして「コンシェルジュ」が置かれている場合があります。これはエントランスから入ったフロントに設置されているもので、住民にトラブルが発生した場合などに即座に対応することができるようになっています。「有能すぎる」と言えるようなコンシェルジュを置くタワーマンションなどもあり、その対応力はさながら高級ホテルのようです。

例えば都内ならシティタワー品川はコンシェルジュサービスを行っているタワーマンションの1つです。43階建の中に828戸もの部屋が存在しているだけあり、住人に発生するトラブルというのもさまざまなものが考えられるでしょう。コンシェルジュはその一つ一つに対応するだけの能力を持っているわけです。

さらにこのコンシェルジュのポイントは「防犯性」を高める意味でも重要な効果を発揮することです。通常、マンションなどの防犯はエントランスにおけるオートロックやエレベーターにおけるオートロック、さらには防犯カメラや各部屋のディンプルキーなど、あくまでも「機械的」なもので行なわれています。しかし、フロントにコンシェルジュが置かれている場合、生身の人間がチェック役となるわけです。見慣れない人が入ってきた場合には注意することができますし、どこの部屋の誰と関係がある人なのか、ということを聞いて防犯に努めることができるでしょう。一人暮らしでも安全に生活できる物件としての価値を高めてくれます。

▲ページトップへ